焼餅坂

焼餅坂

焼餅坂

焼餅坂
焼餅坂

[坂下から-01]push

焼餅坂

[坂上から-02]push

焼餅坂

[坂標識-03]push

焼餅坂

[袖摺坂]push

焼餅坂

[松井須磨子の墓]push

--所在地--

神楽坂の交差点から大久保通りを早稲田へ向かって歩きます。市谷山伏町と市谷甲良町との境で大久保通りを東から西へ下る坂を焼餅坂といいます。

--名前の由来--

本来の名前は赤根坂ですが、江戸時代より明治にかけてこの坂の途中に美味しい焼餅を売る店があったので、この名が付けられたと言います。
江戸時代の「続江戸砂子」には、本名赤根坂 此所にやき餅ひさぐ店ありとあって、坂名の由来を知る事が出来ます。

--その周辺--

大久保通りの南蔵院前の岩戸町から箪笥町へのぼる坂を弁天坂と言います。また、南蔵院前から横寺町へのぼる石段を袖摺坂と言います。お互いの袖を摺りあわせるほど道が狭かったため、この名で呼ばれてきたと言う事です。
焼餅坂の終わり市谷柳町の交差点を右に折れ弁天町と市谷柳町との境を東へ上る石段を宝竜寺坂と言います。
坂の上に宝竜寺があったのでその名がついたのですが、柳の枝がたれた寂しい坂であったため幽霊坂とも呼ばれてきました。現在では、8階建ての建物の間にある明るい石段です。近くの多聞寺には、松井須磨子の墓が、浄輪寺境内には江戸の和算者・関孝和の墓があります。
早稲田からJR飯田橋への道のりでは、さまざまな史跡に出会う事が出来ます。現在では、何でもない道に坂名が記されていたりして、江戸、明治とその時代が、都会の喧騒の中で偲ばれます。秋晴れの一日気ままな歴史散策もいいかもしれません。

ページトップへ